普通、すでに上場している企業の場合は、事業のためのものとして、株式の上場だけではなく社債も発行するもの。株式と社債の違うところは、返済義務である。だれもがクレジットを得ることができる時代なのに……保険⇒偶然起きる事故のせいで生じた主に金銭的な損失を想定して、賛同する複数の者が一定の保険料を出し合い、準備した資金によって不幸な事故が発生した際に掛け金に応じた保険給付を行う仕組みなのだ。?まさに世紀末...

 
 

いわゆるペイオフの意味は予測不可能な金融機関の倒産が起きた場合に、預金保険法に基づき保護される個人や法人等の預金者の預金債権に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度です。キャッシング撃退アメリカの連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された預金保険機構(DIC)の預金保護のためのペイオフ解禁後の補償額は預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円以内(但し決...

 
 

たった10日間で消費者金融を覚える方法!ほとんどの株式公開済みの上場企業の場合であれば、企業の運営のためには資金調達が必要なので、株式に加えて社債も発行することが多い。株式と社債の違いとは?⇒、返済しなければならない義務があるかどうかである。最終的には、第二種金融商品取引業者(一種業者とは取り扱い内容が異なる)がファンド(投資信託)を開発し、なおかつ適正に運営していくためには、恐ろしいほど量の、業...